ジョン・ヘンリー・ボーナム。
一応フルネームで紹介してみました。言うまでもなく、あのっ ! Led Zeppelinのドラマーにして、Rock史上最高のドラマー ! ! (俺談)
こんな呼称は、別に珍しいことではなく、もはや常識と言っても良いでしょう。なので、今回は、彼のグルーブだとか技術だとか、高速3連頭抜きワンバスがスゲェ〜とか提灯記事を書きたいわけではなく、エンジニアらしい切り口で、なぜ、彼こそRock史上最高なのか?! ということを数回に分けて紐解いてみたいと思います。
しかし、二回目にしてこんなこと書いて誰が読んでくれるとやろ?
しかも、俺ドラマーじゃねーし(爆)
という基本的な疑問は置いておくのが本ブログの趣旨であります!!

ということで、まず、彼が使っているドラムセットから。
キャリア全体では、主にシェル材違いによる4種類程度あるようですが、メーカーは全てラディック。

1969-1970 ラディック・ナチュラル・メイプル
      12×15ʺ タム
      16×16ʺ フロア・タム
      16×18ʺ フロア・タム
      14×26ʺ バスドラム
      6.5×14ʺ LM402スープラフォニック / スネア
      ヘッド = スネア/タム/バスドラ=レモ
      パイステ / ジャイアントビートシリーズ
      24・20・18・15×2

1970-1973 ラディック・グリーンスパークル
      10×14ʺ タム
      16×16ʺ フロア・タム
      16×18ʺ フロア・タム
      14×26ʺ バスドラム
      6.5×14ʺ LM402スープラフォニック / スネア
      パイステ / ジャイアントビートシリーズ
      24・20・18・15×2

1973-1975 ラディック・アンバー・ビスタライト
      10×14ʺ タム
      16×16ʺ フロア・タム
      16×18ʺ フロア・タム
      14×26ʺ バスドラム
      6.5×14ʺ LM402スープラフォニック / スネア
      パイステ / ジャイアントビートシリーズ
      24・20・18・15×2

1975-1980 ラディック・ステンレススティール
      10×14ʺ タム
      16×16ʺ フロア・タム
      16×18ʺ フロア・タム
      14×26ʺ バスドラム
      6.5×14ʺ LM402スープラフォニック / スネア
      パイステ / ジャイアントビートシリーズ
      24・20・18・15×2

しかし、バスドラが26なのは有名だから驚きはしませんが、ライドが24て・・何なんでしょう?! 

ヘッドは初期のグリーンスパークルセットまでは、すべてレモ・アンバサダー・コーテッドで、アンバービスタライト期は、スネア以外、ラディック・シルヴァー・ドットに変更。(結構アタックが強めになってます)。
最終期のステンレス期は、またコーテッド(アンバサダーなのかエンペラーなのかは不明)に戻っているようですが、どの時期を聞いても一発でボンゾだと分かるところが、史上最高の所以一つでもあります。

ど頭の写真は、まさに1968年〜1970年頃のものだと思われます。
特徴的なマイキングと、フロアは一個だけ、部屋のコーナーで壁は板ということがわかります。しっかしマイク少な〜。。。

※実は、1stアルバム収録時の彼のセットは、Zeppelin加入以前から持っていた、22インチのバスドラだったという説もあります。
(因みに、タム=13 フロア=16 という結構普通の三点セット)
そう思って聞くと、2nd以降の26インチと比べると、何となく22に聞こえます。。。。これも後ほどサウンドから検証してみましょう。
上の写真も、何となく22インチに見えますね〜。。因みに同時期の別の写真です。これは明らかに26インチバスドラですね。
隣のギタリストはもちろんジミーさんです。
うーむ、同じ(26)かな〜〜wwww

ということで、今回は、ジョン・ボーナム(ボンゾ)のサウンドそのものにこだわってみたいと思います。
勿論、エンジニアらしく、録り方からもじっくり攻めて行きますよー!

前置き長かったですね〜。
これからが本題ですが、それはまた次回。
お詫びに、初期最高のライブの一つと云われ、最もリマスターと全編収録の完全版の発売が待たれる、1970年のLed Zeppelin Live at Royal Albert Hall 1970における、Moby Dick Drum Solo をお届けしまーす。
もちろん、近年、リマスターされ、EQやCompは当然使われてはいますが、元が元ゆえ、ほぼほぼ、彼自身の叩き出しているサウンドです。

では、ほぼ、生ジョン・ボーナムのサウンド楽しみながら、さよーならー !

カテゴリー: サウンド解剖

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA